アジングの全てが分かるWEBサイト

アジングの「アタリ」と「合わせ方」を知る

アジングでは、アジがルアーを捕食するときに出す小さなアタリを的確に捉え、しっかりと合わせを入れることが、釣果を分ける大きな鍵となってしまいます。言うならば「アジのアタリをしっかり取れない人は結果を残すことができない」と言えるため、否が応でも身につけておきたいスキルとなっています。

そこで今回は、アジングで出る「アタリの種類」と「合わせ方」のテクニック面について、具体的にまとめていこうと思いますので、「アジのアタリが分からない」「アタリはあるけど乗らない」そんな人は、ぜひ参考にして頂ければと思います。

アジングで感じることができる「アタリ」の種類と合わせ方

冒頭でもお話した通り、アジングでは「アジの細かなアタリを取り」、「しっかりと合わせを入れる」ことが、釣果を伸ばす大事なキーポイントとなります。そのため、アジが出すアタリの種類と、それに応じた合わせ方を知り、しっかり実践することでコンスタントに釣果を伸ばすことができる・・・ということになるのです。

では、アジのアタリには一体どのようなものがあり、どのような合わせ方をするべきなのか?という点について、まとめてみみます。

  • カツン!という明確なアタリ
  • グン!と持っていくアタリ
  • フッと抜けるようなアタリ

では、それぞれ一つずつ、詳しく簡潔に見ていきましょう。

カツン!という、明確なアタリ

アジの活性が高いときや、経験の浅い小さなアジが多いときに出やすいアタリですが、カツン!コツ!と、誰にでも分かるような明確なアタリが出ることがあります。この場合、アジが確実に(ルアーを)吸い込んでいる可能性と、アジがルアーを吐き出そうとしている証拠のため、瞬時に合わせを入れてやる必要性が出てきます。

具体的に言うと、カツ!というアタリを感じたときに、すかさずバシッと合わせを入れてあげることが必要となり、少しでも判断が遅れてしまうと「乗せきれない」という結果に終わることが多いため、ハッキリとしたアタリが合ったときは、ハッキリとした合わせで対応するのが一番です。

 

ちなみに、アジのアタリをしっかり取るには「ラインテンションを張っておく」ことが絶対条件となります。ラインテンションが抜けていると、如何なるアタリも手元に伝わってこない・・・という懸念が生まれてしまうため、絶対的に【ラインテンションを抜きすぎないようにする】ことを意識しながら、アジングを展開していきましょう。

グン!と持って行かれるようなアタリ

カツ!というアタリよりも明確に感じることが多いのが、ググン!と持って行かれるようなアタリです。言葉で表現するのが難しいですが、手元にググっと反応がきたときは、アジがワームを引ったくたとき・・・だと認識しておけばオッケーです。

なぜ、このような引ったくるようなアタリが出るのか?アジは、ワームを吸い込んだ後に「反転する」という習性を持っており、その勢いで手元にググン!というアタリが伝わることになります。つまり、ググンというアタリが出た時点で、アジが針掛かりしている可能性が多く、所謂「向こう合わせ」となっているケースが大半です。

 

そのため、グン!と持って行かれるようなアタリが出たからと言って、バシッと合わせを入れてしまうと「針が外れてしまう」可能性や「アジの口が切れてしまう」可能性が高くなるため、このようなアタリが出たときは、優しく「追い合わせ」を入れてやる・・・ぐらいの気持ちで、軽く合わせを入れるのが正解です。

フッと抜けるようなアタリ

文章で書き表すことが難しいですし、非常に難易度の高いアタリとなりますが、アジの活性が低いときや、プランクトンなどをベイトにしているときは、「フッと抜けるようなアタリ」が出ることが多いです。アジングに不慣れな人は見逃してしまいがちな小さな反応となりますが、このアタリを取れるようになると飛躍的に釣果を伸ばすことができるため、中級者〜上級者にランクアップするためには、避けて通れない道となります。

フッと抜けるようなアタリは、瞬時に合わせを入れないことにはフッキングさせることが難しいため、仕掛け投入中はしっかりと集中しておき、どれだけ小さなアタリでも見逃さないようにしておくのが釣果を伸ばすコツ。

よりアタリを感知しやすくするため「感度重視」な道具を使おう

アジングで小さなアタリを取り、瞬時に合わせを入れるためには「感度」が重要なポイントになりますが、より感度良くアジングを楽しむためには、「感度が良い道具を使う」ことが絶対条件となってしまうのです。

例えば、よりハリがあり(ロッドが硬いほうが感度が高くなる)、よりレングスが短く(ロッドの長さが短いほど感度が良い)、感度が良くなる素材が使われているロッドを使ったり、より感度が良いライン(PEライン)を使うなど、使う道具を見直すことで、より感度良くアジングを楽しむことができるようになります。

 

しかし、一般的に「感度が非常に良い道具=値段が高い」という式が出来上がってしまうため、「自分の予算内で揃えられる最高品質な道具」を使うのが一番です。生活を苦しめてまで良い道具を使う意味はありませんし、最近では1万円前後のロッドでも十分な感度性能を誇っていますからね。