アジングの全てが分かるWEBサイト

アジングの場所選びまとめ!堤防、漁港、サーフ、ゴロタ、磯、などなど、あらゆるポイントでアジを狙ってみよう!

アジングを含めた釣りは、道具よりもテクニックよりも、何よりも「場所選び」が釣果を分ける大きなキーポイントとなります。アジが居ない場所で釣りをしても、いないものを釣ることはできませんからね。

そのため、アジングでコンスタントに釣果を残すには【場所選び】が大事なポイントとなります。では、アジングを楽しむためにはどのような場所を選べばいいのか?という点について、ここで詳しくまとめていこうと思いますので、「どこでアジングを楽しめばいいか分からない」そんな人は、ぜひ参考までに。

アジングで狙う場所(ポイント)の特徴

アジングを楽しむ場所を探すときは、まず「アジがどのような場所を好み、回遊(居着いて)いるのか」を知っておく必要性が出てきます。アジには「回遊型」と「居付き型」2つの性質を持ったアジが存在しており、前者は文字通り「エサを探しながら回遊し続けているアジ」で、後者は「同じ場所に居付きながら、同じコースを回遊しているアジ」です。

この、回遊アジ、居付きアジ、2種類のアジの習性を考え、アジが好む場所を考慮することで、自ずと「狙うべき場所の全貌」が見えてくることになるため、その辺りについて詳しく知っていきましょう。

 

では、アジが好んで寄り付く条件や、アジングを楽しむための場所選びのポイントには、どのようなものがあるのでしょうか?まとめてみます。

  • アジの魚影が濃い場所を選ぶ
  • できるだけ潮通しの良い場所
  • ブレイクを意識しておく
  • 夜間は常夜灯周りを狙う

では、一つずつ詳しく簡潔に見ていきましょう。

必ずアジの魚影が濃い場所を選ぶ

アジングでコンスタントに釣果をあげるには、必ず「アジの魚影が濃い場所」へ釣行しなければありません。極論を言うと、100匹のアジしかいない場所と、10000匹のアジがいる場所、どちらが釣れやすいか?となると、どう足掻いても【10000匹のアジがいる場所】に軍配が上がることになるでしょう。

「そもそも、そのアジがいる場所が分からないんだよ」ごもっともな意見ですが、最近ではインターネットを通しアジの釣果情報を得ることが容易になっていますし、釣具屋さんに行くことで、生の新鮮な釣果情報を得ることなど、最早他愛もないほど簡単なことのため、【まずはアジが釣れている場所を特定する】ことから始めてみましょう。当たり前のことのように感じますが、案外しっかり出来ている人が少ないんですよ。

 

一番手っ取り早いのが、「サビキ釣りでアジの釣果が出ている場所」を知ることです。週末ともなると、サビキ釣りを楽しむ人で溢れかえっているような場所・・・そのような場所は、アジングを楽しむに適した場所である可能性が高いため、まず一番にチェックを入れていきましょう。(週末は人が多く、エントリーできないことも多々ありますが・・・)

できるだけ潮通しの良い場所を

アジはエサを求め回遊を続けており、主に「潮の流れがある場所」をメインに回遊してくることが多いです。そのため、潮通しの悪い場所と、潮通しが良い場所、どちらがアジングに適しているのか?となると、圧倒的に【潮通しが良い場所に軍配があがる】ということになるのです。

もちろん、奥まった潮通しの悪い場所に居着いているアジもいますが、そのようなアジはスレが原因で釣ることが難しくなっていることもあり、潮通しの良い場所で群れが頻繁に入れ替わるような場所でアジングを楽しむことで、常にフレッシュでスレのないアジをターゲットにアジングを楽しむことができるようになります。大きな群れに当たると入れ食い状態になることもありますからね。

 

例えば、外海に面したテトラ帯であったり、堤防の先端などが好ポイントとなります。潮通しの良い場所は目で見て「潮の動きが大きいな」ということが判断できるため、そのような場所を見つけ、アジングを楽しんでいくことをおすすめします。

ブレイクはアジの通り道

海の中には、釣り人用語で「ブレイク(駆け上がり)」と呼ばれる場所が存在しています。簡単に言うと、「急に深くなっているような場所」を指す言葉であり、急に水深が下がることによりできる段差が、魚の通り道となっていることが多いです。

つまり、ブレイクライン沿いをアジが回遊する可能性が高くなるため、ブレイク付近を狙うことは、釣果を伸ばすために非常に大きな要素となります。(船の通り道を人工的に掘られた「ミオ筋」もまた、ブレイクと同じ好ポイントです)

 

ブレイクを見つけるには少々スキルが必要ですが(徐々に水深を計っていき、ブレイクを探っていく)、しっかりとブレイクラインを把握することで、より良い釣果を得ることができる可能性が高くなるため、ぜひ狙ってみて下さい。

夜間は「常夜灯周辺」が狙い目

漁港や堤防などには、夜になると常時海を照らしてくれる「常夜灯」が設置されていることが多いですが、この「海に光が当たっている場所」は、ナイトアジングの好ポイントとなるため、絶対的に外せないポイントとなっています。

なぜ、常夜灯周りはアジングで外せない場所となっているのか?そのメカニズムとしては、海を照らす光にプランクトンが集まり、それを捕食する小魚が集まる。そして、そのプランクトンや小魚を捕食しているアジも同時に集まってくる・・・というサイクルが起きるため、「常夜灯周りはアジの居場所を瞬時に把握できる」一級ポイントとなっているのです。

 

しかし、常夜灯周りは、誰がどう見ても「アジングの一級ポイント」となっているため、場所取りが困難だったり、散々叩かれスレが進んでいる傾向にありますし、釣れるアジのサイズが小さくなる傾向(〜20cmがアベレージ)にもあるため、その辺りを考慮しつつ、エントリーする場所を決めていきましょう。

アジングを楽しめるフィールドの特徴と簡潔な釣り方をまとめてみる

アジが好んで寄る場所の特徴や、狙うべきポイントについてまとめてきましたが、続いて「アジングを楽しむための具体的な場所」について、お話していこうと思います。釣行場所によって難易度や釣れるアジのサイズが変わるため、その点を踏まえまとめていこうと思います。

アジングを楽しむ場所として「堤防」「漁港」「サーフ(ゴロタ浜)」「磯」が挙げられるため、それぞれの特徴や釣り方を知っておきましょう。

堤防

堤防は、釣りを楽しむスタンダードな場所であり、もちろんアジングを楽しむにも向いている場所です。ただし、人気の場所ともなると、週末には沢山の人で賑わうポイントでもあるため、そのような場所では、できるだけ平日の人が少ない時間帯にエントリーすることをおすすめします。

また、堤防によっては足場から海面までの距離が6m以上の高さを誇るような場所がありますが、ライトリグを扱うアジングにおいて「足場の高さ」は大きなデメリットになることが懸念されるため、なるべく足場の低い堤防を選ぶことが大事です。

 

堤防での釣り方ですが、基本的には「ジグ単」の釣りで攻めるのが一番です。アジは堤防際を回遊することも多く、それほど飛距離を必要としない場面が多いため、ヒョイっと投げ込み、近くを回遊してくるアジを狙う。これが堤防アジングの基本ですね。

漁港

最も初心者向けの場所だと言えるのが「漁港」です。足場が比較的良く、海面から足場までの距離が近く、なおかつアジが寄り付く常夜灯の数も多い(傾向)ことが幸いし、(アジの魚影さえ濃ければ)誰でも簡単に釣果を残すことが可能です。

ただし、最近は釣り人のマナー違反のため「釣り禁止」となる漁港も増えているため、釣行前は【この漁港は釣り禁止でないか】をチェックし、ルールを守った釣行をお願いします。

 

漁港アジングの釣り方としては、基本的には1g前後のリグを使った「ジグ単」で、常夜灯周りを攻めるのが最もポピュラーな攻め方です。また、漁船の下には(主に豆アジですが)沢山のアジが居着いていることが多いため、忘れず叩いていきましょう。(漁船への根掛かりは十分注意して下さい)

サーフ(ゴロタ浜)

堤防や漁港が初級者向けの場所だとすると、サーフ(ゴロタ浜)は中級者以上向けの場所だと言えます。というのも、アジの回遊を予測し、そのタイミングに合わせたエントリーが必要となりますし、多くの場合で50mほどの飛距離が必要となるため、場所選びスキルとキャストスキルの両者を備えておかないといけないから・・・なんです。

ただし、サーフアジングははまると、とんでもない釣果を叩き出すことができますし、30cm以上の所謂「尺アジ」が出る可能性が高くなるため、漁港や堤防などに比べると圧倒的に【ポテンシャルを秘めた場所】であることは間違いありませんので、近くにそのようなサーフ(ゴロタ浜)があるのであれば、ぜひチャレンジしてみて下さい。

 

また、サーフアジングは飛距離が必要となるケースが多いため、ジグ単でのアジングではなく、フロートリグを用いたアジングで楽しむことをおすすめします。(フロートリグの基本は別ページで詳しくまとめてあるため、そちらを参考にどうぞ)

フロートリグでアジングを楽しむ

一気に難易度が高くなりますが、「磯」もまた、アジングに適したポイントとなります。アジが回遊してくるタイミング、釣行する時期、エントリーする場所、全てにおいて経験が勝る釣りとなりますが、ポイントを熟知することで他のアングラーに大差を付けた釣果を得ることも可能なため、「いつものアジングにマンネリを感じてきた」そのような人は、チャレンジしてみてはどうでしょうか?

しかし、磯での釣りは様々な危険が伴うため、できる限り単独釣行は避け、慣れている人に同行してもらうことがおすすめです。