アジングの全てが分かるWEBサイト

【アジング】フロートリグで遠くのアジを狙い撃とう!その仕掛けや作り方、使い方まとめ

アジングはジグヘッド+ワームの組み合わせである、所謂「ジグ単」の釣りを軸に楽しむ釣りではありますが、1g前後のリグを使ったときの飛距離は、どう頑張っても30mが限界であり(10m〜20mの飛距離が妥当)、「遠く沖を回遊しているアジ」を狙うことは不可能です。

場所によっては「飛距離を出さないことには話にならない」ようなポイントもあるため、そのような場所では、どうアジングを展開していくか?が釣果を分ける大事な要素となり、外せないポイントとなってきます。

 

そこで便利なのが「フロートリグ」を用いた方法で、ジグ単の釣りでは10〜20mほどの飛距離で戦わなければいけないところ、フロートリグを使うことで50mほどの飛距離を出すことができるようになるため、「飛距離を出すことが絶対条件」な状況下では、これ以上ない武器となるのです。

今回は、そんな「フロートリグ」の仕掛けや作り方、その使い方までを詳しくまとめていこうと思いますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

フロートアジングを楽しむときの仕掛け(ロッド、リール、ライン)の考え方

1g前後のリグを扱う一般的なアジングでは、〜3gまでのリグを扱えるタックルセレクトを組むことが大半ですが、フロートアジングを楽しむときは、〜15g前後のリグを組むことが多くなるため、「重たいリグを背負うことができるタックルセレクト」が必要不可欠な要素となってきます。

一般的なアジングロッドだと、〜5gまでがリグウエイトとして設定されていることが多いため、エギングロッドやシーバスロッドを流用するか、フロートリグを扱うことに特化したロッドを使うことが絶対条件となってくるのですね。ただし、あまりにパワーが強いロッドや重たいロッドでは、操作性が悪くなったり、感度が低下することになるため、できる限りライトなロッドをセレクトしていきましょう。

 

フロートアジングで使うリールですが、基本的には「ロッドとバランスが取れたもの」を使うことが理想的です。番手で言うと各メーカー2000番〜2500番が最適で、後はロッドの重量とリールの重量のバランスを考え、先重りしないタックルバランスを意識しておけばオッケーですね。

ラインの種類はPEライン、太さは0.4号〜0.6号、ショックリーダーはフロロカーボン4〜10ポンドを、必要な強度に応じてセレクトしていきましょう。

アジングにおすすめのフロートと、その作り方まとめ

一言でフロートリグと言っても、沢山のメーカーから数多くのフロートがリリースされています。そこで、ここでは「個人的に使っているおすすめのフロートリグ」の紹介と、その作り方(組み方)についてお話していこうと思います。

個人的におすすめなフロートリグは以下の通り。

  • かっ飛びボール
  • シャローフリーク
  • ぶっ飛びロッカー

では、それぞれ一つずつ詳しく見ていきましょう。

ハピソン かっ飛びボール

かっ飛びボールは中に電球が内蔵されており、電池を入れることで光ってくれる、非常に視認性に優れたフロートリグです。真っ暗闇の中、フロートアジングを楽しむときは「仕掛けがどこに飛んだか分からない」「巻きすぎてティップに仕掛けを巻き込んでしまう」などなど、ストレスが溜まる要素が多いのですが、かっ飛びボールはその全ての悩みを一撃で解消してくれます。

光色は赤、青、緑が用意されており、ウエイトは4.6g〜7gがラインナップされており、サスペンドからエクストラシンキングまで、フォールスピードが選べるようになっています。

出典:ハピソン

かっ飛びボールは中通し式のフロートリグで、かっ飛びボール→シモリ玉→スイベル→ショックリーダー→ワームの順で取り付けていけばオッケーです。

アルカジックジャパン シャローフリーク

シャローフリークは最早フロートリグの定番とも言えるアイテムとなっており、「Fシステム」というリグを組むことで、ジグ単のような感度精度を誇ったまま、遠投でのアジングゲームを楽しむことが可能となっています。

シャローフリークにはフローティングタイプとダイブタイプの2種類が用意されており、表層付近を回遊しているアジを狙うときはフローティング、中層〜ボトム付近を攻めたいときはダイブタイプと、異なるアジングを楽しむことが可能であり、ウエイトは7.5〜16.6gまでがラインナップされています。

出典:アルカジックジャパン

シャローフリークを使ったFシステムの作り方はこんな感じで、ショックリーダーを結束するときに出る不要なライン(カットするライン)上にシャローフリークを結束するという、なんとも不思議なリグとなっています。

フロートが孤立していることから、従来持つ感度性能を損なわずにアジングを展開していけるため、「ちょっとしたアタリをモノにすることが大事なアジング」において、これ以上ないフロートリグとなっています。

アルカジックジャパン ぶっ飛びロッカー

こちらもアルカジックジャパンからリリースされているフロートリグで、Fシステムとは違い「中通し式」のフロートリグとなっています。「Fシステムを組むのが面倒」そんなときは、ぶっ飛びロッカーで文字通りぶっ飛しちゃいましょう。

出典:アルカジックジャパン

ぶっ飛びロッカーの作り方はこのような感じで、ぶっ飛びロッカー→ノットプロテクター(ウキ止めゴム)→スイベル→ショックリーダー→ワームの順で組んでいけばオッケーです。

フロートリグの使い方

超遠投を可能とするフロートリグですが、一体どのような使い方をすれば良いのでしょうか?基本的には「ジグ単と同じような使い方」でオッケーなのですが、ちょっとした使い方のコツがあるため、その辺りについて詳しくお話していこうと思います。

フロートアジングの使い方としては、「ただ巻き」「ただ巻き+フォール」「チョンチョンフォール」この3つがあるため、それぞれ一つずつ、詳しく簡潔に見ていきましょう。(Fシステムを基準にお話していきます)

ただ巻き

文字通り、「ただ巻いてくる」だけのテクニックとなります。ただし、ただ巻きでコンスタントに釣果を得るためには、その日の(アジの)活性に合わせたリトリーブスピードを見つけ出すことが肝心で、2秒に1回転ほどのスローリトリーブが効くこともあれば、少し速めのリトリーブが効くこともあるため、色々試してみるのが釣果を伸ばすコツとなります。

アジは(どちらかと言うと)横の釣りよりは縦の釣りに好反応を示す魚ですが、活性が高いときほどただ巻きに好反応を示す傾向にあるため、アジが表層付近に浮いているような状況下や、積極的にベイトを追い回しているような状況下では、「ただ巻きオンリー」のフロートアジングを楽しんでいきましょう。

ステイを入れるただ巻き

アジの活性が渋いときなど、「ただ巻き」だけでは反応が鈍いことがありますが、そんなときは「ステイを入れたただ巻き」を試してみて下さい。グルグルとタダ巻きで引いてきて、そのままテンションフォールで沈める。こうすることで(フローティングタイプのフロートでは)フロートリグを軸にワームが斜めに落ちていくこととなり、落ちきるとそのレンジをキープしたまま、ユラユラと漂うアクションを演出してくれます。

また、ステイしたままラインテンションを掛け、そのまま放置しておくことで、潮の流れや風によりフロートリグが動き、よりナチュラルな誘いを掛けることができるため、所謂「巻かない釣り」でアジを狙うテクニックも、アジに有効的な方法です。

チョンチョンフォール

アジが散っているときなど、積極的にアピールしていくテクニックが「チョンチョンフォール」です。その名の通り、ロッドで2〜3回ほどチョンチョンとアクションを入れ、その後のカーブフォールで口を使わせる・・・という、アジングのスタンダードとも言えるテクニックですね。

ただ巻きの釣りで反応が鈍いときに最適な方法であり、良く釣れるテクニックなので、ぜひお試しあれ。