アジングの全てが分かるWEBサイト

アジングで必要な飛距離と、「全然飛ばない・・・」そんなときの対策方法

アジングでは1g前後のジグヘッドを使うことが軸となるため、どうしても「飛距離が出にくい釣り」です。そのため、沖合を回遊しているアジを狙うことは不可能で、岸近くを通るアジをメインに狙うことが基本となりますが、そこで疑問なのが「アジングは、一体どれほどの飛距離が必要なのか?」という点。

そこで今回は、アジングで必要な飛距離と、「全く飛ばない・・・」そんなときの対策方法をまとめていきたいと思いますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

そもそもアジングでは、どれほどの飛距離が必要なのか?

アジングでは「一体どれほどの飛距離が必要なのか?」という点ですが、これは【アジが回遊してくる場所】によりけりです。アジが岸寄りを回遊しているときであれば5mも飛ばせば十分なときもありますし、アジが沖合を回遊しているときは、50m以上の飛距離が必要となるケースも存在します。

そもそも、アジングでスタンダードとなる「ジグ単」の釣りでは、1g前後のジグヘッドを使うことが主となるため、10m〜20mほどの飛距離しか出すことができず、遠くを回遊しているアジを狙うことは実質不可能となりますが、個人的な実績としては、それぐらいの飛距離でも「問題なくアジングを楽しむことができている」ため、〜20mほどの飛距離を出すことができれば十分!というのが、答えですね。

まとめ

アジングで必要な飛距離は「アジが回遊している場所」で決まる。しかし、アジが岸寄りを回遊している場所を選んで釣行することで、〜20mほどの飛距離でも十分戦えるため、「アジングはそれほど飛距離を必要としない釣り」とも言えます。

飛距離を出すための対策方法

アジングでは〜20mほどの飛距離を出せば十分!とは言ったものの、アジが沖合を回遊している状況下など、どうしても【飛距離を出すことが絶対条件】である状況下に置かれることは多々あります。

では、このように飛距離が求められる場面では、一体どう対処すれば良いのか?まとめてみます。

  • 仕掛けを見直す
  • 重たい仕掛けを使う
  • 飛距離を必要としない場所に行く

では、それぞれ一つずつ、詳しく簡潔に見ていきましょう。

仕掛けを見直す(ロッド、ライン)

アジングで飛距離を出すためには、使うロッドやラインにも気を使うべきです。例えば、レングス(長さ)を長くすることで飛距離向上に繋がりますし、ラインを細くすることにより摩擦が減り、飛距離が向上する・・・という効果を得ることができます。(数mほどの飛距離を稼ぐことができます)

5ft台のロッドを使っているのであれば6ft台に、PEライン0.4号を使っているのであれば0.2号に。このように、少しの差が大きな飛距離向上に繋がりますので、「どうしても飛距離が欲しい」そんな人は、ロッド、ラインを見直してみてはどうでしょうか?

重たい仕掛けを使う(フロートリグ、キャロライナリグ)

単純に飛距離を伸ばしたい状況下では、「仕掛けを重たくしてやる」のが、一番手っ取り早く対策方法です。使うジグヘッドの重さを1gから2gに変えるだけでも大きく飛距離が向上するため、まずは使うジグヘッドの重さを調整してみることをおすすめします。

しかし、ジグヘッドを重くすると沈下スピードが速くなり、アジの食いが悪くなったり、吸い込みを邪魔することになり、つまり「釣果に悪影響を与えてしまう」懸念が生まれてしまうため、手っ取り早い方法ではあるものの、最適な方法ではない。というのが本音です。

 

では、アジングで飛距離が必要な状況下ではどのような仕掛けを使えば良いのか?(リグを組むのが面倒ですが)フロートリグやキャロライナリグを活用することで、ジグ単では到底届かない場所へ仕掛けを届かすことができるようになるため、そのような仕掛けをどんどん活用していきましょう。

フロートリグやキャロライナリグの詳細は別ページで詳しくまとめていますので、そちらを参考までにどうぞ。

飛距離を必要としない場所に行く

アジングで飛距離が必要な状況下では、フロートリグやキャロライナリグを活用することで一発解決が可能ですが、正直なところリグるのが面倒ですし、専用ロッドも持ち歩かなければいけないため、どうしてもフットワークが重たくなってしまいます。

そのため、「この場所は飛距離が絶対的に必要だな・・・」そう感じたときは、潔くそのポイントを見切る気持ちも大切です。わざわざ飛距離を必要とする場所でアジングを楽しむのではなく、アジが岸寄りを回遊しており、飛距離を必要としない場所へ移動するという選択肢も用意しておくことで、【飛距離など必要としないアジング】を楽しむことができるようになりますよ。

参考→アジングを楽しむための場所選び

まとめ

アジングで飛距離を伸ばすためにできる対策方法としては「ロッドやラインの最適化」「フロートリグなどの活用」「アジが近くにいる場所へ移動する」の3本です。