アジングの全てが分かるWEBサイト

アジングジグヘッドの選び方まとめ!重さや種類、シャンクの長さなど、徹底解説!

アジングでは、ジグヘッド+ワームの組み合わせである「ジグ単」の釣りを主に展開していくことが多くなりますが、今回はその内の「ジグヘッド」に関するお話。

アジングで使うジグヘッドの重さ、種類、シャンクの長さなどなど、「アジングジグヘッドの選び方」について具体的にまとめていこうと思うので、「アジングで使うジグヘッド選びで迷っている・・・」そんな人は、ぜひ参考までに。

アジングで使うジグヘッドを選ぶときに意識しておきたい点

アジングで使うジグヘッドを選ぶときは、まず「アジングでは、どのようなジグヘッドが必要なのか」という点を考え、割り出した答えの中から自分の釣りに合ったジグヘッドを選んでいくのが一番です。

では、アジングジグヘッドを選ぶときに意識したい点には、どのようなものがあるのでしょうか?まとめてみます。

  • ジグヘッドの重さ(ウエイト)
  • ジグヘッドの種類
  • シャンクの長さ、形状

この3つをしっかり意識することで、アジングで使うべきジグヘッドの姿がイメージしやすくなるため、それぞれ一つずつ、簡潔に見ていきましょう。

使うジグヘッドの重さは~2g程度が基準

アジングでコンスタントにアジの釣果を残すためには、「ジグヘッドの重さ」をストイックに考えていく必要性が出てきます。ほんの0.1gの差が釣果に差を付けるほどシビアな場面に遭遇することもあるため、「たった0.1gで一体何が変わるんだよ」と考えるのではなく、ほんの少しの差にもこだわりを持った考え方をしていくことが釣果を伸ばす鍵。

では、アジングでは「どれくらいの重さが軸となるのか?」という話ですが、基本的には1g前後(0.2g〜1g)を軸に釣りを展開することが多く、水深や潮の流れ、風の強さなどに応じ、1.5g、2g、3g・・・と、徐々に重たくしていくのがスタンダードな考え方です。

 

なぜ、アジングでは1g前後の軽いジグヘッドを使うことが基本なのか?というと、アジは吸い込み系の魚であり、つまり「エサを吸い込むように捕食する」といった習性を持っているため、より軽いジグヘッドを使うことで、より吸い込みやすくする・・・といった効果を望むことができるのです。

また、アジは漂うように落ちてくるモノに好反応を示す傾向にあるため、軽いジグヘッドを用い、海を漂うプランクトンや小魚を演出してやることが、釣果に繋がる大事な要素となります。

 

このように、アジングでは自重が軽いジグヘッドを多用することになるため、ジグヘッドの重さを考えるときは「〜1gほどの重さを軸に、1g〜3g程度のジグヘッドも複数用意しておく」ことをおすすめします。(↑写真のようにヘッド部分へ重さが印字されているモノがおすすめです)

2種類ある、ジグヘッドの種類について知っておく

アジングで使うジグヘッドには、大きく分けて2つの種類があります。一つがヘッド形状が丸くなっているタイプのもので、もう一つがヘッド形状が三角になっているもので、この2つを使い分けることにより「ただ巻き」でのアジング、「ダート」でのアジングを楽しめるようになっているのです。

ヘッド形状が丸くなっているものを総称して「スイミング型ジグヘッド」と呼び、つまり「ただ巻き」主体で使うことに適したジグヘッドとなっており、ヘッド形状が三角になっているものを総称して「ダート用ジグヘッド」と呼び、ワームを左右にダートさせ、アジのリアクションバイト(反射食い)を狙う釣りに適したジグヘッドとなっています。

 

アジはどちらかと言うと「巻き」を主体にフォールを入り交えていく攻め方をすることが多く、基本的には「スイミング型ジグヘッド」を使うことになりますが、「アジがただ巻きだけでは反応しない・・・」「デイゲームでのリアクションバイト狙い」などなど、ダート用ジグヘッドを使う場面も多々あるため、2つのジグヘッドを用意しておき、どのような状況下にも対処できるようにしておきたいところです。

シャンクの長さ、形状を知る

アジング用ジグヘッドには、重さや形状の他に「異なるフック(針)の長さ、形状」が用意されており、適した長さ、形状を選ぶこともまた、釣果を分ける大事な要素となってきます。

シャンクの長さというのは、簡単に言うと「針の長さのこと」であり、↑写真のように、一言でジグヘッドと言っても様々なシャンクの長さが用意されています。

 

では、シャンクの長さが違うことでどのような影響が出るのか?という点ですが、針が長いほどアジの口に針が入る確立が上がるが、ワームの動きを制限してしまう(フックを通している部分はワームが動かない)ことになりアピール力は低下する。反対に、シャンクが短くなることによりフッキング率は劣るが、ワームの動きをフルに活かすことができる。こんな感じですね。

20cmを超えるサイズのアジであればまだしも、20cmを切る小さな豆アジを狙うときは、シャンクの長さで恐ろしいほどに釣果へ悪影響を及ぼしてしまうことも考えれるため、シャンクの長さについてもストイックに考えていきましょう。

 

また、フックには「シャンク幅」が異なるものが用意されており、簡単に言うと「先端が内向きになっているもの(クローズゲイブ)」「先端が真っ直ぐなもの(ノーマルゲイブ)」「先端が外向きになっているもの(オープンゲイブ)」が、ラインナップとして用意されています。

シャンク幅が違うと何が違うのか?という点ですが、クローズゲイブになるほどアジの口へ針先が当たらなくなり「違和感なく口を使わせること」ができ、オープンゲイブになるほど「アジがワームを吸い込んだときに吐き出しにくくなり、フッキング率が高くなる」ことになります。ノーマルゲイブはその中間に位置します。

 

このように、シャンク幅一つを見ても「ジグヘッドの選び方」にこだわりを持つことが釣果を伸ばす大事なキーポイントとなるため、「ジグヘッドなんて適当に選んでおけばいいだろ」と考えるのではなく、より戦略的に、より自分のアジングに合ったジグヘッドを選んでいきましょう。