アジングの全てが分かるWEBサイト

アジングでキャロライナリグを使う!その使い方と仕掛けを徹底解説!

アジングでは1g前後のリグを使うことが一般的であり、そのため飛距離が〜20mほどしか出ず、沖を回遊するアジを狙うことができない・・・という、何とももどかしい思いをしなければなりませんでした。

「アジングを楽しむときに飛距離が欲しい」そう考えたときは、ジグ単の釣りではなく「キャロライナリグ」を用いた遠投ゲームがおすすめで、より遠くにいるアジを、より素早く狙うことができるようになります。

 

そこで今回は、アジングで飛距離が欲しいときのマストアイテムである【キャロライナリグ】の組み方や、使うべき仕掛け(ロッドやリールなど)、具体的な使い方についてまとめていこうと思いますので、ぜひ参考までに。(TICT「Mキャロ」を使うことを前提に話を進めていきます)

キャロライナリグを組むときの仕掛け(ロッド、リール、ライン)を考えてみる

一般的なアジングロッドでは、〜3g程度までのジグヘッドを扱うことを前提に作られていることが多く、キャロライナリグを使うには向いていないと言わざるを得ない性能であることがほとんどです。キャロを使ったアジングでは、〜10g程度のリグを扱うことになるため、〜10g前後のリグを難なく扱うことができるロッド選びが必要となってきます。

ライトゲーム寄りのエギングロッドやシーバスロッドを流用する手もありますが、キャロライナリグを使うことを前提に作られている専用ロッドもあるため、どちらかと言うと、そのような専用ロッドを使ったほうが良いんじゃないかな?というのが本音です。

 

キャロアジングで使うリールですが、基本的には「ロッドとのバランスが取れたもの」を選ぶようにして下さい。番手で言うと、各社2000番クラスのスピニングリールが最適ですね。

ラインは必ずPEラインを使い、太さは0.4号〜0.6号程度が最適です。(ショックリーダーはフロロカーボン4lb〜10lb程度を50cm〜1mほど)。ジグヘッドは1g未満のものを使いましょう。

Mキャロの仕掛け図

 

Mキャロ仕掛けは何となく難しいイメージを持ってしまう人が多いようですが、実はそれほど難しい仕組みではありません。↑図のように、PEラインにショックリーダーを結束し、その先にMキャロを通す(中通し式です)。そして、衝撃を吸収するための「ウキ止め」を間に挟み、スイベルを取り付けます(ウキ止めとスイベルは別売りのため、別途揃えておきましょう)。

その先にショックリーダーを20cmほど結束し、ジグヘッド+ワームを取り付ければ、キャロライナリグの完成です。組むのに少し時間が掛かってしまいますが、簡単ですよね。

Mキャロには3つのタイプが用意されている

出典:TICT

 

Mキャロには、スライド幅が異なる3種類のラインナップが用意されており、斜め15度にスライドするLタイプ、斜め30度にスライドするNタイプ、斜め60度にスライドするSタイプ、この3つを使い分けることにより、異なる攻め方をすることができるようになります。

ウエイトは4.6g〜11gまでが用意されており、必要な飛距離に応じて使い分けることができます。(ジグ単用のアジングロッドでキャロを使う場合、〜5gまでのモノをセレクトしておきましょう。下手すりゃロッド破損に繋がります)

キャロの使い方まとめ

「キャロライナリグはどう使うのが正解なのか?」難しく考えてしまう人が多いようですが、基本的には「ジグ単と同じような使い方」をしておけばオッケーです。つまりキャロは【より遠くへ飛ばせるジグ単】だという認識で良く、そこまで難しく考える必要性は全くありません。

キャロライナリグの基本的な使い方としては

  • シャクリ+ただ巻き
  • シャクリ+フォール
この2つを覚えておけばオッケーなので、ぜひやってみて下さい。

シャクリ+フォールが基本

アジングの基本とも言える「シャクリ+フォール」が、キャロライナリグの基本的な使い方だと考えておきましょう。具体的に言うと、任意のレンジまで沈め、その後チョン、チョンと2回〜3回ほどロッドアクションを入れ、その後フォールでアジに口を使わせる・・・←イメージとしてはこんな感じですね。

ロッドアクションでアジにワームの存在を気づかせ、その後のフォールで食わせる感じです。

 

また、「テンションフォール」と「フリーフォール」を使い分けることで、異なるアピールを行うことができます。ちなみにテンションフォールとは「ラインテンションを掛けたままフォールさせる」ことで、フリーフォールとは「ラインテンションを抜いたままフォールさせる」ことをそう呼びます。

キャロをテンションフォールさせることで、リグが振り子のような動きを演出してくれることになり、よりハッキリとしたアタリを取ることができるようになります(アジングの基本アクションですね)

 

そしてMキャロの特徴とも言える「フリーフォールでの動き」は、フッとラインテンションを抜くことにより、キャロが後ろ方向にスッと移動することになり、所謂【バックスライド】で沖に向かってリグが移動することになります。こうなることで、同じ場所で長い時間アジに対しワームを見せることができるようになるため、テンションフォールでの動きと使い分けることで、より良い釣果を得ることができるようになる・・・ということですね。

ちなみに、キャロを使うときのフリーフォールとは、(リールの)ベールを返すのではなく、ロッドを送り込む形でラインテンションを抜くイメージで使うのが基本です。言葉にすると難しく感じますが、実際やってみると凄く簡単なので、ぜひやってみて下さい。

シャクリ+ただ巻きも効果的

アジの活性が高いときや、風が強く、フォールを入れると浮き上がってしまうような状況下では、「シャクリ+ただ巻き」が有効的であることが多いです。文字通り、チョンチョンとシャクリを入れ、その後、スローリトリーブでただ巻きするだけのテクニックです。

アタリが取りやすくアワセも入れやすいテクニックなので、「フォールの釣りが苦手」そんな人にとって有効的な手段でもありますね。