アジングの全てが分かるWEBサイト

アジングラインの選び方まとめ!太さ(何号か)や種類、ショックリーダーなどについてを知っておこう

アジングで釣果を分けるほど大事な要素となる「ライン選び」ですが、初心者の頃は「一体どのようなラインを使えばいいんだよ」と、頭を悩ませている人も少なくはないはずです。一言でラインと言っても沢山の種類がありますし、太さ、色、糸巻き量、色々と考えなければいけない点が沢山ありますからね。迷うのも致し方ありません。

そこで今回は、「アジングで使うラインを選ぶときに意識しておきたいこと」を具体的にまとめていこうと思いますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

アジングラインを選ぶときに意識しておきたいことまとめ

アジングで使うべきラインをセレクトするときは、まず「アジングラインで意識しておくべき点」を整理し、それに伴った選び方をしていく必要性が出てきます。その点を知り、自分の釣りに合ったラインを選んでいくのが最適なため、まずはその辺りについて知っていきましょう。

では、アジングラインを選ぶときに意識しておきたい点にはどのようなものがあるのでしょうか?まとめてみます。

  • 使うラインの種類
  • 号数(太さ)について
  • ラインの色について
  • ショックリーダーは必要か?

 

この4つ意識することで、自分が使うべきラインが見えてくると思いますので、一つずつ詳しく簡潔に見ていきましょう。

PEライン、エステルライン、フロロカーボンライン、ナイロンライン。アジングで使うべきラインの種類はどれがいい?

まず始めに知っておきたいのは、「アジングで使うべきラインは4種類ある」ということ。PEライン、エステルライン、フロロカーボンライン、ナイロンライン、この4つ全てに異なる特徴があるため、まずは自分が理想とするアジングに最適な「ラインの種類」を見極めていきましょう。

では、この4つのラインには、それぞれどのような特徴があるのでしょうか?まとめてみます。(橙色がメリット、青色がデメリットです)

PEラインの特徴
  • 伸びがない
  • 感度が非常に良い
  • ルアーの操作性が良い
  • 飛距離が出やすい
  • 引張強度が強い
  • 擦れに弱い
  • 結束部が弱い
  • 値段が高い
  • 風に弱い(比重が軽い)
エステルラインの特徴
  • 伸びが少ない
  • 感度が良い
  • (PEよりは)風に強い
  • すぐに切れる
フロロカーボンラインの特徴
  • 擦れに強い
  • 比重が高い(風に強い)
  • 感度がそこそこ良い
  • 若干伸びがある
  • ライン癖が強い
ナイロンラインの特徴
  • 価格が安い
  • 癖がなく誰でも扱える
  • 劣化が速い
  • 滅茶苦茶伸びる

思いつく限りの各ラインの特徴はこんな感じですね。「アジングでは絶対このラインを使うべき!」という制限はないため、PEライン、エステルライン、フロロカーボンライン、ナイロンライン、それぞれのメリット、デメリットを考慮し、自分に合ったラインを選んでいくのが正解です。

個人的には、PEラインとエステルラインを使うことが多く、その理由としては「アジングにおいて感度を最優勢している」からです。アジングはコツっというアジの小さなアタリを如何に取れるかが釣果を分ける大事な要素となるため、少しでも釣果を伸ばすために感度の良いラインを使うことを重要視している・・・という感じですね。

何号が最適?アジングラインの太さについて

アジングで使うラインの太さ(号数)ですが、個人的には「細ければ細いほど良い」と考えています。ただし、闇雲に細くすると強度面で不安が残るため、「ライン強度を意識した上で、限りなく細いもの」を使うようにする・・・そんなイメージですね。

というもの、ラインを太くすることにより風や潮の影響を受けやすくなってしまいますし、何より飛距離が伸びないという懸念も生まれてしまいます。そして、アジングでは1g前後の軽量リグを使うことがメインとなるため、太いラインでは操作性が悪くなってしまうのです。

 

では、アジングではどの太さのラインを使えば良いのか?という話ですが、PEライン、エステルラインであれば「〜0.3号まで」を基準に考え、ナイロンライン、フロロカーボンラインだと「〜6lb」までを基準に考えるようにしています。

後は、釣行する場所や狙うアジのサイズによってラインの太さを調整し、そのときに合った最適な太さをセレクトしていく・・・という感じですね。

釣果に関係する?ラインの色(カラー)について考えてみる

ラインにはピンクやイエローなど、非常に鮮やかなカラーに染められているものがありますが、このラインの色は、直接的に釣果へ影響することはあるのでしょうか?ラインカラーについては人それぞれ思う節があるでしょうが、個人的には「全く関係ないんじゃないかな?」と考えています。

アジがラインをどう認識しているのかが謎ですし、そもそもアジには「ラインが人工物」だという判断をすることができません。ラインが原因で釣果が落ちるとすると、そもそも釣り自体が成り立たない・・・と言えますからね。ラインのカラー云々で、激的に釣果が変わると言うことはないでしょう(多少は影響するのかもしれませんが・・・)

 

では、アジングで使うラインカラーは何色が良いのか?という点ですが、極論を言えば「何色でも良い」と言えるため、リールデザインに合ったカラーを巻くとか、後は「視認性の良さ」で選ぶのもアリですね。夜の時間帯に楽しむことが多くなるアジングでは、イエローなどの蛍光色が目立って見やすいですね。

ショックリーダーは結束しておいたほうが良い?

PEラインやエステルラインを使うときは、両者が持つ弱点を補うため、先端にショックリーダーを結束する必要性が出てきます。結束が面倒ですが、ショックリーダーを結束することに掛かる時間より、ショックリーダーを結束しないことによるデメリットのほうが上回るため、必ず結束しておくようにしておきたいところです。

ショックリーダーの種類はナイロン、フロロカーボン、どちらでも構いませんが、個人的にはフロロカーボンショックリーダーを使うことが多いですね。(擦れに強いため)

 

ショックリーダーの長さは釣行する場所や狙うアジのサイズにもよりますが、50cm〜ほど結束しておけば十分です。(根の荒い場所や、サイズの大きなアジを狙うときは長めに取っておきましょう)