アジングの全てが分かるWEBサイト

アジングでメタルジグを使うときのまとめ!仕掛け(ロッドなど)や使い方、時間帯ついてなどを徹底解説!

アジングと言えばワーム+ジグヘッドの組み合わせである、所謂「ジグ単」の釣りがメインとなりますが、ときと場合によっては「メタルジグ」を使った釣りが有効的な場面も存在します。最適ではないが、使い所はある・・・という感じですね。

今回は、そんな「メタルジグを使ったアジングゲーム」の基本や、使うべき仕掛け(ロッドなど)、具体的な使い方、メタルジグを活用する時間帯などについてまとめていこうと思うので、ぜひ参考までに。

アジングでメタルジグを使うときに知っておきたいことまとめ

まず、アジングでメタルジグを活用するときに知っておきたいことを書き出し、「どうようなメタルジグを使い、どのようなタイミングでメタルジグを投入するのか?」を知っていきましょう。

では、アジングでメタルジグを使うときは、どのような点を意識するべきなのか?まとめてみます。

  • メタルジグを扱うための仕掛け
  • メタルジグの色を知る
  • メタルジグの重さを選ぶ
  • 活用すべき時期と時間帯
この4つを知ることで、メタルジグを用いたアジングを楽しむための基礎が身に付くため、一つずつ、詳しく簡潔に見ていきましょう。

メタルジグを扱うための仕掛けを考える

一般的なアジングロッドは、ジグ単での釣りをメインに設計されているため、〜3g程度までのウエイトを扱うことに長けたモデルがほとんどです。そのため、一般的なアジングロッドではメタルジグを扱うことができない(最適ではない)と言えるため、メタルジグを扱うことに長けたロッド選びを心がけていきましょう。

具体的に言うと、ハリのあるチューブラーモデルのアジングロッドが最適で、最低でも〜5gまでを背負えるもの、より快適にメタルアジングを楽しむ場合、〜10gまでを背負えるロッドを用意しておくのがベストです。

 

リールは「ロッドとのバランスが取れたもの」を選ぶのが基本で、番手は2000番クラスが最適。ラインは必ずPEラインをセレクトし、太さは0.4号〜0.6号をセレクトすればオッケーです。

「アジングでメタルジグを使うために仕掛けを新調する」←これは勿体無いと言えるため、現在持っている仕掛けの中から、より最適なタックルを組み、メタルジグでのアジングゲームに挑んでみて下さい。

メタルジグのカラーは何色が良い?

アジング用(ライトゲーム用)にリリースされているメタルジグには、沢山のカラーラインナップが揃えられており、購入時は「どのカラーを選べばよいのか分からない」そう頭を悩ませている人も少なくないでしょう。

では、メタルジグのカラーは何色を買うべきなのか?という点ですが、個人的な考え方としては「自分の好きな色を買っておけば良い」というのが結論です。

 

もちろん、アジの反応が良いカラー、そうでないカラーが存在していますが、その傾向を今ここで判断するのは「不可能」だと言え、現場で試してみないことには何とも言えない・・・というのが現状なのです。つまり、「複数カラーを用意しておき、現場合わせで答えを探っていく」のが正解・・・ということですね。

一般的な考え方としては、まずめは「ゴールドカラー」、明るい時間帯は「イワシカラーなど(キラキラ光るものがおすすめ)」、ナイトゲームでは「グローカラー(蓄光し、海で光ってくれるもの)」が最適のため、この辺りのカラーを満遍なく揃えておくことをおすすめします。

メタルジグの重さは何gがベスト?

メタルジグには〜100gほどのウエイトが用意されていることが多いですが、アジングで使うメタルジグの重さは【〜10g程度のもの】だという認識でオッケーです。(水深が深い場所や、潮の流れが速い場所では20g前後のメタルジグを使うこともある)

個人的には、3g、5gのメタルジグを多用することが多く、よりゆっくりスローに見せたいときは1gのメタルジグ、水深があり、潮通しの良い場所であれば10gのメタルジグを使うことが多いですね。

 

そのときその状況で使うメタルジグの重さが異なってくるため、現場には1g、3g、5g、7g、10g・・・←このように、複数ウエイトを用意していき、どのような状況下でも当てはめることができるようにしておくのがおすすめです。

メタルジグを活用すべき時期と時間帯(夜でも使える?)

アジングでメタルジグを投入するタイミングと時期ですが、大前提として「アジの活性が高いときに使う」ということを認識しておく必要性があります。アジの活性が普通〜低いときは、メタルジグよりもワームへの反応が良くなりますからね、敢えてメタルジグを使う理由がないのです。

では、アジがメタルジグに好反応を示すほど高活性な時期と時間帯はいつなのか?という話ですが、時期はアジの活性がハイになりやすい「秋」の季節で、時間帯としては「太陽光によるフラッシング効果が期待できる明るい時間帯」がおすすめです。

 

ただ、秋と明るい時間帯以外はメタルジグが使えないのか?という話ではなく、他の時期、時間帯は「(メタルジグの使用が)最適ではない」というイメージで、使うタイミングを決めていきましょう。

例えば、冬の季節であってもメタルジグが有効的な場面もありますし、「夜」の暗い時間帯にメタルジグを投入することで、嘘のように好反応を得ることができる・・・ということもあるため、一つの先入観に捕らわれることなく、柔軟性を持った使い方をしていくのがベストです。

メタルジグでアジを釣る!その使い方まとめ

ここまでは、アジングでメタルジグを使うときの基礎についてお話してきましたが、続いて実践編となる「メタルジグの使い方」についてお話していきます。

アジングでメタルジグを活用するときは「ただ巻き」「リフト&フォール(トゥイッチ&フォール)」「岸壁際への落とし込み」この3つを覚えておけば、コンスタントにアジの釣果を得ることができるため、ぜひ実践してみて下さい。では、一つずつ、詳しく簡潔に見ていきましょう。

難しく考えず「ただ巻き」で攻める

文字通り「メタルジグをただ巻くこと」でアジを狙うテクニックです。アジが表層近くに浮いているときや、活性が高いときに有効的なテクニックのため、そのような状況下で実践してみて下さい。

やり方としては、キャスト後に任意のレンジまで沈め、レンジを上げすぎない(下げすぎない)速度でリトリーブしてくるだけでオッケー。言葉で聞くより「レンジキープ」は難しいテクニックのため、微調整しながら最適なリトリーブスピードを見つけていきましょう。

 

また、メタルジグによっては「ただ巻きだけでは綺麗に泳がないもの」もあるため、リトリーブすることで綺麗なウォブリングアクションを演出してくれるメタルジグを見つけ、それを使うようにして下さい。

リフト&フォール(トゥイッチ&フォール)

メタルジグのスタンダードとも言える使い方である「トゥイッチ&フォール」「リフト&フォール」も、アジに有効的なテクニックです。ロッドアクションでアジにアピールし、フォールで口を使わせるイメージですね。

具体的な使い方としては、(トゥイッチ&フォールの場合)チョンチョンと素早くロッドアクションを付け、その後テンションフォールで元の位置に戻す。(リフト&フォールの場合)ググっと1mほどメタルジグを浮かし、その後のフォール(フリーフォールorテンションフォール)で元の位置へ戻す。このような使い方でオッケーです。

岸壁際への落とし込み

アジが岸壁沿いを回遊しているときや、サビキ釣りのコマセに集まってきているときなどに有効的なテクニックで、そのやり方としては、「足元にヒョイっと落とし込み、チョンチョンとアクションを付ける」だけ。そこに食い気のアジがいると、一撃で食ってきます。

ゲーム性が全くない釣りですが、はまればとんでもない釣果を叩き出すこともできるため、足元付近にアジが群れている状況下で、ぜひ試してみて下さい。