アジングの全てが分かるWEBサイト

アジングをプラグで楽しむ!使うロッドやルアーの使い方を紹介!

アジングと言えば「ワーム」で狙うイメージが根強いですし、その認識で間違いはないのですが、釣行する場所や時期によっては【ワームよりもプラグに好反応を示す】ことがあるため、戦略の一つとして用意しておくことに越したことはありません。

そこで今回は、「アジングでプラグを活用するとき」に使うロッドの選び方や、その使い方などについて詳しく簡潔にお話していきたいと思いますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

アジング用プラグを選ぶときに意識しておきたいこと

まず、アジングでプラグを使うときの選び方を知っておきましょう。アジはどちらかと言うとプラグよりもワームに対し好反応を見せる魚のため、選び方や使い所を間違うと「全く釣れない」ということに成りかねませんからね。

じゃあ、アジングで使うプラグを選ぶときはどのようなことを意識すればいいんだよ?という点について、まとめていきたいと思います。

  • 使うプラグの種類
  • プラグカラーについて
  • 使う時期や時間帯

では、一つずつ詳しく簡潔に見ていきましょう。

ミノーとシンペンを用意しておこう

アジングで使うプラグは、基本的にメバリング用としてリリースされているものを流用すればオッケーです。アジング専用プラグも幾つかリリースされていますが、圧倒的にメバリング用プラグのほうが数も質も伴っているため、好きなメーカーのプラグを幾つか手に入れておきましょう。

プラグの種類ですが、「ミノー」と「シンキングペンシル」この2つを手に入れておくことをおすすめします。予算的な問題で厳しい・・・という人は、ミノーかシンペン、どちらか一つだけでもオッケーです。

 

プラグのサイズは大小どんなものでも構いませんが、アジはメバルに比べると「シルエットが細いもの」に好反応を示す傾向にあるため、できるだけ「細長いプラグ」であればあるほど良い・・・という認識の元、プラグを選んでいきましょう。

カラーは特に意識しなくても良し

アジング用プラグには、各シリーズに沢山のカラーラインナップが揃えられていますが、個人的な経験上「カラーによって釣果に大きな差が開いたことはない」と言えるため、「パッと見で好きなカラーを選んでおけば良いんじゃないかな?」というのが本音です。

ただし、同じカラーを投げ続けていると、どうしても「スレ(アジがルアーを見切る)」が起きてしまうため、複数カラーを揃えておき、ローテーションしていくに越したことはない・・・ということだけは知っておきましょう。

 

また、ナイトゲームでアジングを楽しむときは【グローカラー(蓄光して光ってくれる)】が有効的なこともあるため、(できる限り)用意しておくことをおすすめします。

プラグを使う時期や時間帯

アジングでプラグを使う条件としては、大規模なアジの群れが入っており、なおかつ小魚をメインベイトにしている時期、時間帯です。逆に言うと、これ以外の状況ではプラグを使う意味がないと言え、ワームを使うほうが有効的なケースがほとんどなため、プラグを使うタイミングを誤らないよう意識しておくことが大事です。

例えば、秋の時期は大規模なアジの群れが入ってきやすく、同時にアジのエサとなる小魚も接岸してくるため、プラグの出番が増えますし、朝夕のまずめの時間帯は総じてアジの活性が高くなりがちなため、同じくプラグの出番が多くなります。

 

アジングを楽しむための時期や時間帯については、別ページで詳しくお話しているため、そちらを参考にどうぞ。

プラグでアジを狙うときの使い方

アジングで使うプラグの選び方が分かったところで、続いて「プラグの使い方」についてお話していこうと思います。

どれだけパフォーマンスの高いプラグを手に入れても、それを活かす手段がなければ宝の持ち腐れとなってしまいますからね、どのようにプラグでアジを狙えば良いのか?という点について、詳しく見ていきましょう。

使うロッドも意識しておく

アジングでプラグを使うときは、プラグを使うことに適した「ロッド選び」をする必要性が出てきます。プラグは自重が〜7gと(アジングとしては)重たいウエイトを扱うことになり、動きを付けた釣りを展開することもあるため、「ハリがあり、操作性の良いロッド」を選ぶのが基本です。

具体的に言うと、「チューブラーモデルのアジングロッド」がベストで、長さは飛距離が出て、なおかつ操作性の良い6ft台のロッドが最適ですね。もちろん、ソリッドティップのアジングロッドが絶対使えないという訳ではなく、あくまで「ソリッドロッドは最適ではない」ということです。

 

わざわざプラグを使うためだけにロッドを新調するのもどうかと思いますし、チューブラータイプのアジングロッドをお持ちの方はそれを使い、ソリッドモデルしか持っていない・・・という人は、それを使えば良いと思います。

関連→アジングロッドの選び方を具体的に解説

ミノーのただ巻きで狙う

ミノーとは先端にリップが付いているタイプのルアーであり、このリップが水を噛むことによりアピール力の高いウォブリングアクションを演出したり、リップの長さにより引いてくるレンジの幅を変えることができるようになっています。

つまり、ミノーは「ただ巻き」に最適化されたプラグであり、引いてくることにより小魚をイミテートした動きを演出できるため、難しく考えずに「ただ巻いてくる」だけの使い方でオッケーです。

 

例えば、小魚の群れをアジが追いかけ回しているときなどは最適で、そこに投入し、ファストリトリーブ気味の速度で巻いてくると・・・ガツン!とHITします。小魚が湧いており、大規模なアジの群れが回遊してきている状況下であれば、誰でもイージーにアジを釣ることができる釣り方なので、ぜひ試してみて下さい。

シンペンのトゥイッチ&フォールで狙う

シンキングペンシルとは、リップの付いていないプラグのことで、放置しておくと沈んでいくタイプのルアーです。リップがないことにより、リトリーブするとユラユラとナチュラルなローリングアクションを演出してくれ、低活性のアジにも口を使わせることができる優れもの。

当然、シンキングペンシルの「ただ巻き」だけでアジングを楽しむのもありですが、個人的には「シンキングペンシルのトゥイッチング」が大きな武器となると考えているため、ただ巻きで使うよりは「トゥイッチを用いたリアクションの釣り」で使うことをおすすめしています。

 

具体的な使い方としては、シンペンを任意のレンジまで沈め、チョン、チョンと軽く竿先で2〜3回ほどトゥイッチを入れます。そして、トゥイッチの後に食わせの間として数秒間のフォールを入れ、アタリが出るまでこれを繰り返します。

つまり、トゥイッチでアジにアピールし、フォールで口を使わす使い方のため、プラグにも関わらずジグ単での釣りのような使い方が出来るようになる・・・という感じですね。