アジングの全てが分かるWEBサイト

アジングリールの選び方まとめ!サイズ(番手)や重さなど、ハイギアかローギアかなど、具体的にお話します

アジングを楽しむ上で切っても切れないほど大事な道具である「リール」ですが、各メーカーから、様々な特徴を持ったリール、様々な価格帯、様々なデザインのリールがリリースされており「どのリールを選べば良いか分からない」そう感じている人も少なくはないはずです。

そこで今回は、「アジングで使うリールを選ぶときはどのようなことを意識するべきなのか?」という点についてお話していこうと思うので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

アジングリールを選ぶときに意識しておきたいポイント

まず、アジングリールを選ぶときはどのような点を意識しつつ選んだほうが良いのか?という点について知っていきたいと思います。アジングでは「スピニングリール」を使うことがメインとなるため、何か特別な理由がない限りは、スピニングリールをセレクトしておくことをおすすめします(一部界隈ではベイトリールを使ったアジングも人気なんだそう)

では、アジングリールを選ぶときは、どのような点を意識しておけば良いのか?まとめてみます。

  • リールのサイズ(番手)
  • リールの重さ
  • ギア比(ハイギアかローギアか)
  • 価格帯について

アジングリールを選ぶときは、この4つの点を意識しつつ、自分の釣りに合ったものをセレクトしていくのが一番なため、一つずつ詳しく簡潔にお話していきます。

リールのサイズ(番手)は1000~2000番

ダイワ、シマノからリリースされているスピニングリールには、リールサイズが一目で分かるよう「番手」が振り分けられています。500番と小さなものから、10000番を超える大きなものまでがラインナップとして用意されていますが、アジングで使うリールサイズとしては、500番〜2000番までを使うことが主流となるため、その中から自分に合った番手を見つけていきましょう。

ただし、500番は非常に特殊な番手のため(使い所が難しい)、実質的には1000〜2000番のリールから選ぶのが基本です。

 

「じゃあ、アジングで使うリールはどのサイズが最適なの?」という話ですが、個人的には「2000番クラス」のスピニングリールが最適なんじゃないかな?とは思っています。というのも、アジングではときに30cmを超える、所謂「尺アジ」クラスの魚がHITすることもあり、1000番は少し小さすぎるんじゃないかな?というのが本音だから・・・です。

もちろん、1000番のリールは自重が軽く、とにかく細いラインを扱うときは最適ですが、オールマイティかつマルチにアジングを楽しみたいときは2000番クラスを選んでおけば間違いありません。

アジングで使うリールは軽いほうが良い?重さについて考えてみる

最近のリールは低価格帯のものでも「軽量化」が進んでいるものが豊富に揃っていますし、「アジングで使うリールは軽いほうが良い」という風潮もあり、なんとなく【リールは軽くないとダメ】だと意識している人も少なくないと思います。

では、実際のところ、アジングで使うリールは自重が軽いほうが良いのでしょうか?

 

その結論としては、【軽ければ軽いほど良いが、ロッドとのバランスを一番に考慮すべき】だと言えますね。例えば、ロッドの自重が重たい割に、リールの自重が軽すぎるとバランスが悪くなり、操作感が悪くなるという懸念が生まれてしまいます。もちろん、その反対も然りです。

そのため、ただ漠然と自重が軽いリールを選ぶのではなく、使うロッドに合わせた重さを選ぶ。このようなイメージで、アジングリールの重さを決めていきましょう。(最近のアジングロッドは軽量化が進んでいるため、基本的には軽いリールを合わせるほうが無難です)

詳しく→アジングロッドの選び方を知る

「ハイギア」か「ローギア」どっちがいい?

リールには「ギア比」が設定されており、簡単に言うと「ハンドル一回転に対し、スプールが何回転するか」が表記されています。例えばギア比が4.8だとすると、「ハンドル一回転辺り、スプールが4.8回転する」ということになりますね。

当然、この値が大きくなるほど巻取り量が多くなり、小さくなるほど巻取り量が少なくなりますが、その値を簡単に判断するため「ハイギア」「ローギア」と、ギアの違いによるラインナップが揃っていることが大半です。(ただし、ローギアモデルがあるリールは少数)

 

では、アジングで使いたいリールのギアは、ハイギアなのか?それともローギアなのか?という話ですが、一般的には【ローギア寄りのギア比】が使われることが多いですね。アジングは速く攻める釣りではなく、スローに攻めることが多くなる釣りであり、ハイギアよりはローギアのほうが活躍の幅が増えるのです。

そのため、「どのギア比がいいのか分からない」そんな人は、ノーマルギア(無印のリール)、ローギアのいずれかをセレクトするようにし、よりスローにゲーム展開していくことをおすすめします。

アジング初心者は、どのようなリールを選べばいいの?安いものでも大丈夫?

アジングリールの選び方について淡々とお話してきましたが、基本的には「値段の高いリール=高性能」という図式が覆ることはないため、性能面に関しては「出せる予算いっぱいのものを買っておけばオッケー」という認識が正解です。

しかし、これからアジングを始めるような初心者の方が、いきなり5万円を超えるような高級機種を買うのは気が引けるでしょうし、不慣れによる破損リスクが付き纏ってしまうため、最初から高級機種をセレクトするのは止めておいたほうが良いんじゃないかな?というのが本音です(もちろん、予算に余裕のある人は最初から高級機種を買うべき)

 

では、どれくらいの価格帯を基準にアジングリールを選べば良いのか?という点ですが、個人的には1万円〜2万円の範囲で売っているリールを勝手おけば良いんじゃないかな?と考えています。所謂「エントリークラス」に該当するモデルですね。

この価格帯のリールになると、基本的な性能はバッチリ押さえていますし、アジングを楽しむにおいての最低限度の性能を誇っているため、入門用としては最適なのです。

 

もちろん、1万円以下で売られているリールがダメだと言うことではなく、あくまで「長くアジングを楽しむこと」を前提にリールを買うのであれば・・・という話です。「一度だけアジングを経験してみたい」それぐらいの気持ちであれば、極端な話3000円ほどのリールで十分だと言えますね。

ちなみに、「シマノとダイワ、どっちが良いの?」と聞かれることがありますが、どちらのメーカーも一流ですし、高性能なリールを作ってくれていますので、「自分が好きなメーカーを選ぶのが一番」というのが答えです。