アジングの全てが分かるWEBサイト

アジングで「スナップ」は使うべき?使う理由と使うサイズを知っておこう!

アジングでは、ラインとワームを結束する手段として「直結」「スナップを介する」この2つの選択肢からセレクトできるようになっていますが、個人的な思いとしては【必ずスナップを使い、結束したほうが良い】と考えています。

今回は、アジングではなぜスナップを使ったほうが良いのか?という点と、スナップのサイズなど、基礎的な部分についてお話していこうと思いますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

なぜスナップを使ったほうが良いのか?

スナップを使うことで、直結することに比べると「コスト(スナップは1袋300円ほどします)」が掛かってしまうにも関わらず、【アジングではスナップを使うほうが良い】と言えるのでしょうか?まずは、その理由から探っていきたいと思います。

  • スナップを使うことでルアー交換がスムーズになる
  • ルアーの動きをフルに活かすことができる

個人的に、アジングでは絶対スナップを使ったほうが良い!と言い切れる理由として、この2つの理由が挙げられるため、一つずつ詳しく簡潔に見ていきたいと思います。

ルアー交換がスムーズになる

アジングでは、ほんの(ジグヘッドの重さが)0.2g変わるだけで得られる釣果が変わる・・・というシビアな状況下に追い込まれることがあり、場合によっては「頻繁に使うジグヘッドの重さをローテーションする」必要性が出てきます。

そのため、スナップを使わないことには「ラインを切る→再度結束する」という手間が掛かってしまうため、どうしても無駄なタイムロスが生じてしまいます。アジの食いが良くなる時合では、1分1秒のロスが釣果を分ける大きな要因となってしまうため、スナップを使い、無駄な時間を省くことは、結果として釣果を伸ばす大きなプラスとなるのです。

 

ルアー交換をワンタッチで行うことができるスナップであれば、交換までの時間は僅か10秒程度。ラインを切って再結束することになると、1分近いロスが出てしまいますし、交換する度にショックリーダーをカットすることになり、その分のロスも出てしまいます。

最早「ルアー交換がスムーズになる」この点だけを見ても、【必ずスナップを使うべき】だと言えるため、何か特別な理由がない限り、スナップを使ったアジングを楽しむようにしておきたいですね。

ルアーが持つ本来の動きを活かせられる

ジグヘッドにラインを直結してしまうと、ジグヘッドをガチッと固定してしまうことになり、つまり「遊び」が減ってしまうことになります。遊びが減ることで可動域が少なくなり、可動域が少なくなるということは、ジグヘッドとワームが本来持つ性能を殺してしまうことに繋がるため、なるべく直結はしないほうが良い・・・というのが、個人的な本音です。

スナップを付けることにより、ジグヘッドが固定されず、より自然に動かすことができるようになるため、【ジグヘッドとワームが持つ、本来の性能を発揮できる】ということに繋がるのですね。

 

ほんの些細な動きの違いが釣果に悪影響を与えることは身をもって経験済みのため、なるべくスナップを使い、よりジグヘッド、ワームが持つパフォーマンスを活かしたアジングを楽しんでいくのがベストです。

使うべきスナップサイズについて

スナップは、大きなものから小さなものまで、沢山のサイズがラインナップとして用意されているケースが多いですが、アジングで使うスナップのサイズは「その中でも1番、2番に小さなもの」をセレクトして下さい。使うリグが極小ですからね、使うスナップも小さくするのが基本です。

各メーカー、各シリーズによって大きさの規格が違いますが、例えば「SS、S、M、L、LL」とスナップサイズが用意されている場合、アジングで使うスナップは「SS」もしくは「S」となります。

 

また、反対に「スナップが小さすぎる」と、ジグヘッドとスナップが固定されてしまい、「せっかくスナップを使っているのに、ジグヘッドの可動域が少なくなる」という元も子もない事態に陥ってしまうため、使うジグヘッドと使うスナップのバランスを考慮し、使うサイズを決めるのが一番です。(個人的にはSサイズを使うことが多い)

スナップを選ぶときは「取り付けやすさ」で決める

アジング用スナップは、沢山のメーカーから沢山のシリーズがリリースされており「一体どのスナップを使えばいいのか分からない」そう頭を悩ませている人も少なくないはずです。

では、アジングで使うスナップを選ぶときは、どのような点を意識するべきなのか?という話ですが、基本的には「取り付けやすさ」で選べばオッケーです。ワンタッチで3秒以内にチャチャッとルアー交換ができる・・・このようなスナップを選びましょう(中には物凄く取り付けにくいスナップもあるため注意して下さい)

 

「スナップは強度面が心配」そのような不安を抱えている人も多いでしょうが、アジングに関して言うと、スナップの強度など考える必要性は全くありません。(市販されているものは最低限度の強度を誇っている)

20cmほどのアジはもちろんのこと、40cmクラスのアジがHITしたときも「スナップが破壊された」という経験は一度もありませんし、聞いたこともないですからね。アジングで使うスナップを選ぶときは、強度よりも何よりも、【取り付けやすさ】だけを見ておけばオッケーです。