アジングの全てが分かるWEBサイト

アジングの持ち物(装備)まとめ

アジングを含むルアーフィッシングは、餌釣りに比べると「軽装備」で楽しめることも売りの一つですが、アジングにどっぷり浸かり始めるにつれ、必要な道具の数が膨れ上がってくるんですよ。また、安全に釣りを楽しむための装備に関しても、気を使わなければいけなくなります。

そこで今回は、「アジングを楽しむためには、一体どのような持ち物が必要なのか」「アジングを楽しむときの服装はどのようなものが良いか」という点についてまとめていこうと思いますので、ぜひ参考までに。

アジングで必要な「持ち物」まとめ

そもそも、アジングで必要な道具は一体なに?という話ですが、アジを釣るための仕掛け、釣ったアジを捕獲するための道具、釣ったアジを新鮮に保管しておく道具などなど、必要な道具が盛り沢山です。

そこで、一目見て「アジングで必要な道具」が把握できるよう、ここでまとめてみたいと思います。

  • タックル一式
  • ショックリーダーと予備ライン
  • フィッシュグリップ
  • プライヤー
  • ハサミ
  • ワームケース
  • クーラーボックス

これだけあれば、何一つ不自由なく、アジングを楽しむことができますね。では、それぞれ一つずつ、詳しく簡潔に見ていきたいと思います。

タックル一式(ロッド、リール、ジグヘッド、ワーム)

言わずとも、アジングは「ロッド、リール、ジグヘッド、ワーム」この一式がなければ楽しむことができません。何を当たり前なことを・・・と怒りを覚える人もいるでしょうが、「リールを忘れた」←案外多いですからね、せっかく釣りに来たのに、リールがないことのあの悔しさ・・・一体どれほどの屈辱がお分かりでしょうか?

また、2ピースのロッドだと、「違うロッドのパーツを持ったきてしまった」←これもあるあるです。いずれにしても、タックルが一つでも欠けるとアジングを楽しむことができないため、出発前は要確認です。

ショックリーダーとラインの予備は持っておくほうが良い

PEラインやエステルラインを使いアジングを楽しむときは、必ず「ショックリーダー」を結束しなければいけません(参考→アジングで使うラインの種類とショックリーダーについて)。そのため、現場で(根掛かりなどで)ショックリーダーをロストしたときのため、リーダーとして使うラインを用意しておくようにしたほうが無難です。

また、遠征するときなどは、もしものライントラブルに備え「予備のライン」を常備しておき、何かあったときに巻き替えられるようにしておきましょう。

フィッシュグリップ(魚挟み)

釣れたアジを素手で触ると、汚れてしまったり怪我をしてしまうリスクがありますし、アジに対し無駄なダメージを与えてしまうことにも繋がります。そのため、釣れたアジを素手で触らずにキャッチできる道具として「フィッシュグリップ」「魚挟み」を持ち物リストに加えておくことをおすすめします。

サイズが大きなアジはフィッシュグリップ、サイズが小さなアジが魚挟みで対応しましょう。

プライヤーとハサミ

現場で仕掛けを組み直すときや、ルアーを結束するときは「ハサミ」が必須アイテムとなり、釣れたアジの口からフックを外すときは「プライヤー」が必須アイテムとなるため、この2つは必ず持ち物リストに加えておきましょう。

素手でフックを外そうとして、そのまま手にブスリと突き刺さる・・・凄く痛いですからね。最悪のケースでは病院送りになることも考えられるため、必ずプライヤーを使い、フックを外すようにしておくほうが無難です。

ワームケース

ワームをパッケージのまま持ち運ぶのもアリですが、荷物がかさばりますし、いざと言うときに「使いたいワームが見つからない」という無駄な時間を過ごすことが多くなるため、「ワームケース」に保管し、いつでもサッと取り出せるようにしておくと便利です。

ただし、正規のワームケースを使わないと「ワームが溶けてしまう」ことがあるため、ブルーフ加工された、しっかりとしたワームケースを使うようにしておきましょう。

クーラーボックス

釣れたアジを鮮度よく保管しておくための「クーラーボックス」もまた、アジングにおいて必要な道具です。アジは刺し身やナメロウで食すことが多くなりがちな魚のため「鮮度が命」な魚ですからね。

ただし、ランガンでアジを狙っていくときに持ち歩くのは非常に邪魔なため、現場には小さな簡易クーラーを持ち込み、車で大きなクーラーボックスに入れ替える・・・という手段を取ることをおすすめします。

アジングを安心して楽しむために、装備を充実させておこう

アジングを楽しむときは、「より快適に、より安全に釣りを楽しむ」という意識を強く持ち、安全性能が高い装備で挑むことをおすすめします。せっかくの楽しい釣りで怪我をするほど悲しいことはありませんからね。

では、アジングを楽しむときは、どのような服装を意識するべきなのか?という点について、一つずつ簡潔にまとめていきたいと思います。

長袖長ズボン、帽子、偏光グラス・・・少しでも防御力を高めておこう

釣りを楽しむときは「できる限り肌の露出を少なくする」ことが大事です。特に、暑さ厳しい夏の季節になると半袖半ズボンで釣りを楽しんでいる人をよく見かけますが、安全性の観点で見ると、ダメダメな装備であることは間違いありません。

火傷に近い日焼けリスクもありますし、転倒したときの怪我リスクが高くなるため、釣りを楽しむときは「なるべく長袖長ズボンで挑む」ことを意識しておきましょう。

 

また、少しでも防御力を高めるため「帽子」「偏光グラス」など、少しでも肌の露出を減らす工夫が大事です。(例:飛んできたルアーが目に当たり大怪我をする)

滑りにくい靴を履いておこう

特にテトラ帯や地磯などでアジングを楽しむときは、「なるべく滑らない靴」で挑むことをおすすめします。滑る→転ける→怪我をするというリスクもありますし、滑る→転ける→海に転落という最悪のケースも考えられます。

海辺はどうしても滑りやすくなる要素が盛り沢山のため、運動靴やサンダルで楽しむのではなく、専用のフィッシングシューズやスパイクを履き、なるべく滑らない装備で挑むことが大切です。

道具を収納しておけるカバンは必須装備

ショルダーバック、ウエストバック、リュックサック、どんなものでも構いませんので、道具を収納しておける「カバン」を用意しておくほうが良いです。ここでまとめた通り、アジングでは沢山の持ち物が必要となるため、カバンがなければ持ち運びが物凄く大変になりますからね。

個人的には「ウエストバッグこそアジングに最適なカバン」だと考えているため、どうぞ参考までに。