アジングの全てが分かるWEBサイト

アジングの「動かし方」まとめ!ただ巻き、フォールを駆使し、アジをゲットしよう!

アジングはアジの魚影が濃く、アジの活性が高い状況下であれば、「誰にでも簡単に釣れるイージーな釣り」と化しますが、アジの活性が低く渋い状況下では、「幾年にも渡る経験がモノを言う」難易度の高い釣りと化してしまいます。

では、アジの活性が低い状況下において、結果を出す人、結果を出せない人の差はどのようなところにあるのでしょうか?幾つもの理由が考えられますが、その中の一つに「ワームの動かし方」があり、ちょっとしたテクニックの差が、大きな釣果の差を生むことになるのです。

 

そこで今回は、「アジングで結果を残すための(ワームの)動かし方」についてまとめていこうと思うので、「アジングで思うように釣果をあげることができていない」そんな人は、ぜひ参考までに。

ただ巻き、フォール、ダート、3つの動かし方を知っておこう!

アジングでコンスタントに釣果を残すためには、「ただ巻き」「フォール」「ダート」、この3つを覚えておき、状況に応じてしっかり使い分ける必要性が出てきます。というのも、アジはその日の機嫌(活性)により、反応が良いワームの動きが変わってくるため、その都度「適切な動かし方」をしないことには、釣果を伸ばすのが不可能だから・・・です。

当然、その日にならないと「どの動かし方が正解なのか?」ということを判断することができないため、現場の状況をいち早く掴み、どれだけ早く当たりパターンを見つけることができるのか?が勝負を分ける大事な要素となります。(アジの魚影が濃く、活性の高い状況下だと、どの動かし方でも爆釣することもあり)

 

いずれにしても、ただ巻き、フォール、ダート、この3つを習得しておくことは必要不可欠なため、これから「それぞれの具体的な動かし方」について、具体的かつ簡潔にまとめていこうと思います。

アジの活性が高いときは「ただ巻き」だけでオッケー

アジが沢山いる場所かつ、アジの活性が高い状況下では、余計なアクションは付けず「ただ巻き」だけでオッケーです。具体的な動かし方としては、キャストした後、アジがいるレンジまで沈め(カウントダウンでアジのいるレンジを探る)、そのまま一定速度で巻いてくるだけで、ガツン!と引ったくるようにHITすることが多いですね。

言葉だけで「ただ巻き」と言うと、なんだかとても簡単なテクニックのように感じますが、実は「ただ巻き」というテクニック・・・あらゆるテクニックの中で一番難しい!と言って良いほど奥が深い動かし方のため、【ただ何となく巻いてくる】のではなく、戦略性に長けたゲーム展開をしていきましょう。

 

例えば、「引いてくるレンジがズレる」「リトリーブスピードが速すぎる(遅すぎる)」など、一つでも噛み合わない項があると、見事に口を使ってくれないことがあるため、アジのいるレンジをキープしながらリトリーブし、アジの反応が良いリトリーブスピードを見つける。このようなことを意識しながら、「ただ巻きでのアジング」を楽しむことで、他の釣り人よりも多くの釣果をゲットすることができます。

基本は「フォール」を入り交えた釣りを

アジングにおいて最もスタンダードとなる動かし方は、何と言っても「フォール」を交えたテクニックです。というのも、アジは上から落ちてくるものに対し好反応を見せるという性質があるため、ただ巻きだけで狙うのではなく、「ジワーっと海を漂う生き物を想像しながら、ゆっくりと沈めていく」ことが大事な要素となってくるのですね。

例えば、ゆっくり2〜3回ほどただ巻きをし、その後のテンションフォール・・・という動かし方もありですし、アジにとって一番有効的なのが「チョンチョンとロッドをしゃくり、その後テンションフォロワーさせる」という動かし方です。

 

具体的に言うと、チョンチョンとワームを動かし、アジに「ここに餌がありますよ」とアピール。その後、カーブフォール(ラインテンションを掛けながらジワーっとスローに沈める)で、海を漂う何かしらの生き物のようにワームを動かし、ここで口を使わせる・・・こんな感じですね。

1g前後のジグヘッドに好みのワームを装着する釣り方が一般的となるため、ぜひ試してみて下さい。(ジグヘッドの選び方、ワームの選び方については、別ページで詳しくお話しています)

デイゲームや低活性時は「ダート」をやってみよう

ときと場合によっては、「アジがただ巻きやフォールに反応してくれない」ことがあります。例えば、食い気が全くないほどの低活性時や、アジからワームが丸見えになるデイゲームなどで起こりやすい現象ですね。特にデイゲームではアジからの視認性が良くなり、ワームを見切られてしまうことが多いため、それに応じた動かし方をしなければいけません。(昼のアジングについては、別ページで詳しくお話しています。※下記リンク参照)

そのため、このような状況下ではアジの気を如何にして引くか・・・が、釣果を分ける大事なポイントとなりますが、そこで有効的なのが「ダート」と呼ばれる釣り方です。

 

ダートのやり方としては、(ダート用ジグヘッドにダート用ワームを使う)ロッドをチョン、チョンと2回から3回ほど軽く跳ね上げ、海中にあるワームを左右にビュッ!ビュッ!とスライドさせます。この左右へのダートがアジの本能を刺激し、ワームを餌ではなく、反射的に口を使ってしまう所謂「リアクションバイト」を誘発することができるようになるのです。

言うならば「反射的に口を使わせる動かし方」のため、アジの活性が低いときや日中でワームを見切っているような状況下であっても、動きによる誘いでアジを狙うことができるため、「ただ巻きやフォールに反応がない」ときは、ダートによるリアクションバイト狙いのアジングを展開していきましょう。(ただし、場荒れしてしまうリスクもあり)

 

また、このような状況下では、ワームではなく「メタルジグ」を活用したテクニックもあるため、詳しくは↓下記リンクから覗いてみて下さい。