アジングの全てが分かるWEBサイト

アジングの時間帯を知る!デイゲーム(昼)、ナイトゲーム(夜)、それぞれの釣り方を徹底解説!

アジは24時間いつでも狙える魚ではあるものの、ルアーを用いたアジングでコンスタントに釣果を残すことを考えると、明るい時間帯と、暗い時間帯で、そもそもの考え方や釣り方を考慮しなくてはならなくなります。

つまり、アジングを楽しむためには【釣行する時間帯】を考えることが釣果を分ける大事なポイントとなるため、アジが釣れやすい時間帯と、それに応じた釣り方を知っておこう!と言うことですね。

 

そこで今回は、「アジングを楽しむ時間帯」について詳しくまとめていこうと思うので、「デイゲームでのアジングの楽しみ方を知りたい」「ナイトアジングはどう攻めればいいのか?」このような疑問を少しでもお持ちの方は、ぜひ参考にして頂ければと思います。

夜と昼、アジングはどちらの時間帯が適しているのか?を知る

そもそもアジングは、昼の時間帯に楽しむのか、それとも夜の時間帯に楽しむ釣りなのか?という点ですが、基本的には「夜に楽しむのがスタンダードな釣り」という認識でオッケーです。もちろん、昼の時間帯は釣れない・・・ということではなく、「どちらが最適なのか?」という話。

というのも、(後ほど詳しくお話しますが)夜の時間帯は常夜灯周りなど、アジの居場所を特定しやすく、また、昼の時間帯より視認性が悪くなることにより、ルアーに対してのアジの警戒心が緩むこともあり、昼よるも夜のほうがイージーな釣りを展開できる・・・という訳なのです。

 

ですので、「まだアジングで思うように結果を残せていない」←このような、アジング初心者の方が狙うべき時間帯としては、「圧倒的に夜の時間帯」がおすすめなため、何か特別な理由がない限りは、ナイトアジングを楽しむことをおすすめします。

では、アジングは夜か昼、どちらの時間帯が優れているのか?が分かったところで、「デイアジング」「ナイトアジング」、それぞれの特徴や、コンスタントにアジを釣るためのコツについてお話していきます。

デイゲームでアジングを楽しむときの基礎知識

それではまず、(どちらかと言うと)難易度が高くなる「デイゲームでのアジング」の基礎知識についてまとめていきたいと思います。昼の時間帯にアジングを楽しむときは、「アジの居場所を特定する」「ワームが見切られにくい使い方をする」ことが、釣果を伸ばす大きなポイントとなるため、その辺りを意識した釣りを展開していきましょう。

何度も言うように、よほどアジが湧いている場所でない限り、「アジングは夜のほうがイージーな釣り」という事実が覆ることはないため、最初の頃はデイゲームではなく、ナイトゲームから始めてみることをおすすめします。

  • デイアジングで狙うべき場所
  • 昼は「リアクション狙い」が効果的

デイアジングで狙うべき場所

デイアジングでコンスタントな釣果を得るために最も大事な要素となるのが「アジの居場所を特定する」ということ。10匹のアジしかいない場所と、1000匹のアジがいる場所。この2つでは、圧倒的に後者のほうが釣れる可能性が高くなりますからね、アジの魚影が濃い場所を知っておくことが、デイアジング一番の攻略法です。

言葉で表すと簡単ですが、日中にアジが回遊(溜まっている)場所を見つけるのは案外難しく、潮の流れが良い場所であったり、ベイトが溜まっている場所であったり、自分の中で「ここにアジがいるだろうな」という推測を立て、アジを追うような形で、場所を絞っていきましょう。

 

例えば、風向きによりプランクトンが溜まっている場所を予測する・・・と言った方法があり、具体的に言うと、風下には流されたプランクトンが溜まっており、そのプランクトンを捕食するアジを狙い撃つ・・・と言ったイメージですね。水面の泡やゴミを見て判断するのが一般的です。

また、「サビキ釣りで釣果が上がっている場所」へ釣行するのも一つの手です。しかし、コマセに付いたアジの攻略は一筋縄ではいかないことが多いため、「サビキで釣れているからと言ってアジングで釣れるとは限らない」と認識しておきましょう。

ダートワームやメタルジグを用いたリアクションの釣りも考慮しよう

もちろん、アジングでスタンダードとなるジグヘッド+ワームの組み合わせで狙うのもアリですが、昼の時間帯はどうしてもアジからの視認性が良くなってしまい、「スローな動きでは見切られてしまう」という事態に遭遇することがあります。アジの魚影が濃く、活性が高い状況下であれば別ですけどね、それ以外では(ナイトゲームに比べ)反応が悪くなりがちです。

そこで取りたい一つの手として「リアクションの釣りで狙う」というテクニックがあり、所謂「ダート系ワーム」や「メタルジグ」と言った速い動きに特化したルアーを使い、アジの反射食いを狙う・・・という方法があります。

 

具体的に言うと、ダートやトゥイッチなどの素早い動きでアジにアピールし、その後のフォールで食わせる・・・と言った方法であり、言わば「強制的にアジの捕食スイッチをオンにする」方法ですね。

デイゲームでは、スローな釣りよりも、このようなリアクションバイト狙いの釣りが有効的となる場面が多いため、戦略の一つとして覚えておいて損はないでしょう。

ナイトアジングを楽しむときの基礎知識

続いて、アジングで狙うスタンダードな時間帯となる「夜」にアジングを楽しむときの基礎知識についてお話していこうと思います。夜は昼の比べ難易度が低くなり、アジの魚影が濃い場所であれば【ひっきりなしに釣れる】こともあるため、まずは夜の時間帯から攻めていくことをおすすめします。

では、ナイトアジングではどのような点を意識し、ゲーム展開していけば良いのでしょうか?まとめてみます。

  • ナイトアジングで狙うべき場所
  • 「ただ巻き」「フォール」を用いた釣り

では、一つずつ簡潔に見ていきたいと思います。

ナイトアジングで狙うべき場所

夜の時間帯で、とにかくイージーにアジを釣りたい・・・そう思う人は、脇目も振らず「常夜灯周り」を狙ってみるようにして下さい。なぜなら、常夜灯周りは否応なしにアジが集まる、アジングにおける超一級ポイントとなるから・・・です。

その理由としては、海に照らされた常夜灯の明かりに惹かれ、沢山のプランクトンが集まる→そのプランクトンを捕食しに小魚が集まる→そして、そのプランクトンや小魚を捕食しにアジが集まる。仕組みとしてはこんな感じです。

 

つまり、常夜灯周りはアジの居場所を確実に把握し、わざわざアジの動きを読まなくても魚の居場所が分かってしまう、何とも素敵な好ポイントなる。ということですね。もちろん、常夜灯周り以外で釣れないということではなく、あくまで「イージーに釣れるポイント」という認識を持っておきましょう。

ただし、常夜灯周りは誰がどの角度から見てもアジングの一級ポイントとなるため、場所荒れしていたり、エントリーするのが難しいことが多いです。また、釣れるアジのサイズが小さい傾向にあるため、「大きなアジが釣りたい」そのような人は、潮通しが良い場所で、回遊してくるアジを狙い撃っていけばオッケーです。(アジングの詳しい場所選びは別ページで詳しくお話していますので、そちらを参考にどうぞ)

詳しく→アジングを楽しむ場所選びの極意

ジグ単で「ただ巻き」「フォール」を用いたスローな釣りが有効的

夜の時間帯にアジングを楽しむときは、デイゲームとは打って変わり「スローな釣り」を意識することが大事です。アジの活性が高い状況下では「ただ巻き」だけで釣れることもありますし、そうでないときは、チョンチョンとロッドをシェイクした後、テンションフォールで海を漂わせるようにワームを沈めていくと、ガツン!とHITします。

使うジグヘッドの重さは1g前後が理想的で、使うワームはストレート系、カラーはそのときの状況に応じ、ローテーションしながら探っていく感じでオッケーです。

まずめの時間帯は外さないほうが良い

昼の時間帯にアジングを楽しむにしても、夜の時間帯にアジングを楽しむにしても、なるべく外さないほうが良いのが「朝夕のまずめ」の時間帯ですね。個人的には朝まずめに良い思いをしたことが多いので、朝まずめを外さないよう、釣行スケジュールを組むようにしています。

まずめの時間帯になると、プランクトンが活性化し、それを捕食する小魚も活性化することになり、それらを捕食するアジの活性は更にヒートアップし、ルアーに対して積極的にアタックしてくることになります。言わばまずめは「アジングのゴールデンタイム」と言えるほどは外せない時間帯となるため、なるべき釣行スケジュールに組み込み、来る時合を外さないよう攻めていきましょう。