アジングの全てが分かるWEBサイト

アジングの時期を季節別に紹介!春・夏・秋・冬の特徴と釣り方を知っておこう!

アジングに関わらず、魚は「釣れやすい時期」と「そうでない時期」が極端に分かれていることが多いです。そのため、アジングでコンスタントに釣果を伸ばすためには、【アジが釣れやすい時期】を知り、その時期に合わせた釣行スケジュールを組んでいくことが基本となります。

そこで今回は、アジングを楽しむための時期はいつなのか?という点を、春、夏、秋、冬、季節別に詳しくまとめていこうと思いますので「アジのシーズンはいつなの?」そう悩んでいる人は、ぜひ参考までに。

アジングの時期を季節別に知る

なぜアジが釣れる時期とそうでない時期に分かれてしまうのか?その大きな要因となっているのが「水温」の変化です。日本には四季があり、季節によって気温に大きな差が生まれることになり、その影響は当然海の中にも伝わります。夏になると高水温となり、冬になると低水温になるため、この水温変化と共に、アジの活動範囲が変わるのです。

そのため、アジングの時期を知るには、「季節別の特徴や釣り方」を知ることが最優先であり、時期毎のアジの動向を掴むことで、自ずとアジングを楽しむべき時期を割り出すことができるため、まずは春・夏・秋・冬、それぞれの季節の特徴を知り、「どの時期に釣行するのか?」と決めていきましょう。

補足

アジングは時期によって「釣れる」「釣れない」がハッキリする釣りですが、考え方や場所選びを考慮することで【一年中楽しめる釣り】だとも言えるため、時期を限定するのではなく、通年楽しむという考え方でもオッケーです。

春は「産卵前の荒食い」を狙う

拷問のような寒さに耐える冬の季節を終え、ポカポカ陽気が続く春の季節になると、冷え切った海も徐々にいつもの暖かさを取り戻してきます。寒さを耐え忍んでいた魚たちの活性も高くなりはじめ、徐々に釣り人の数が戻ってくるのも、この春という季節です。

そんな春の季節はアジにとって大事な「産卵」が絡む時期であり、産卵前は子孫を残すための体力作りのため、「滅茶苦茶エサを食べる」、所謂【荒食いシーズン】が始まります。もちろん、ルアーへの反応も良くなるため、産卵前の荒食いシーズンは、アジの数釣りを楽しむことができるようになります。また、サイズも良い傾向にあり、場所によっては30cmを超える尺アジが沢山釣れることも。

 

しかし、そのアジングパラダイスのような時期はそう長くなく、一旦産卵を終えてしまうと、これまでの爆釣劇が嘘のように静まり返ってしまいます。相当な知識と経験がなければ、この時期にコンスタントに釣果を残すことが難しくなってしまうため、アジが産卵を終えた直後のこの時期は「オフシーズン」だと考えておくほうが無難ですね。

夏は「豆アジ」中心の釣りとなる

心地よい春の季節が過ぎ去り、外の気温が30度を上回ってくると、暑さ厳しい夏の季節が始まります。気温上昇と共に海中温度も上昇し始め、高水温を嫌う魚が、徐々に水温の安定する深場へと落ちていくのもこの時期ですね。

アジの適水温は16℃〜20℃前後だと言われているため、その水温以上に上昇する夏の時期は、ある意味「アジングのオフシーズン」とも言える時期となってしまいます。しかし、全くアジがいないのか?となるとそうでもなく、〜15cmほどの所謂「豆アジ」の魚影は濃い季節となるため、【小さなアジの数釣り】を楽しむことが可能です。

 

ただし、豆アジの魚影が濃い場所では「アタリはあるけど乗らない」という事態が頻発し、難易度的には「20cm以上のアジを釣るよりも高い」と考えておいたほうが無難ですね。というのも、アジのサイズが小さすぎて上手く乗せることが凄く難しくなってしまうから・・・です。

豆アジ釣りはアジング上級者の方でも肝を冷やすレベルで難易度が高い釣りですが、「スキルアップ」するには最適な時期だとも言えるため、敢えてこの時期にアジングを楽しむのもアリじゃないかな?とも言えますね。(どうしても針掛かりしないときは「アシストフック」を活用しよう)

秋はアジングのハイシーズン!思いのままにアジを釣ろう!

人間にも魚にも、暑さ厳しい夏の季節が終わると、快適な気温が心地よい「秋」の季節がやってきます。この時期になると上がりきっていた海水温も徐々に落ち着きを取り戻し、アジにとって心地よい水温である16℃〜20℃まで下がってきます。

そのため、秋の時期はアジの魚影が濃くなる時期であり、豆アジしか釣れなかった夏時期に比べるとサイズが20cm〜を超えるようになり、本格的なアジングシーズンが到来します。数、型共に楽しむる時期のため、空き時間はなるべく海に足を運び、アジングを楽しむのがおすすめです。

 

秋の季節は、アジのエサとなる小魚の回遊が増え、「アジが小魚をメインに捕食する、ベイトフィッシュパターン」に突入することから、ワームへの反応が凄く良くなります。嫌な言い方をすると、「秋は誰でも簡単にアジングで結果を出せるシーズン」となるため、とにかくアジングの感覚を掴んでみたい・・・このような初心者の方は、秋のアジングハイシーズンからやり始めてみてはどうでしょうか?(必ずアジの魚影が濃い場所へ釣行するようにして下さい)

関連→アジングを楽しむための場所選び

冬は難易度高め・・・厳しい釣りを覚悟しよう

アジングのハイシーズンと言える秋の季節が過ぎ、寒さ厳しい冬の季節がやってきました。この時期になると海水温も低下し、海の魚たちは徐々に冬支度に入ります。より水温が安定する深場などに移動し、厳しい寒さを乗り切ろうとするのですね。

また、急激な水温低下により、アジの数が少なくなるのはもちろんのこと、活性が低くなっているため、「アジが居たとしても釣れない」という状況に陥りやすく、つまり「冬にアジングを楽しむのは難易度が高い」と言えるのです。

冬に釣れたアジは脂が乗っており、非常に美味しく頂くことができますが、如何せん「難易度:鬼ムズ」のため、(どちらかと言うと)「アジングのオフシーズン」だと考えておくほうが無難でしょう。

まとめ

アジングを楽しむ時期としては、春の産卵前、秋のハイシーズンがベストで、夏はサイズが小さく、冬は釣るのが難しい・・・こんなイメージだと認識しておきましょう。